Nexus 5X スペック 比較

『Nexus 5X』ってどうなの?機種変更する価値はある?

MENU

いよいよ『Nexus 6P』『Nexus5 X』がデビュー!

Android OSを提供している本家本元「Google」が開発に携わる【Nexus】ブランドのスマートフォン『Nexus 6』と『Nexus 5』がモデルチェンジをして、それぞれ『Nexus 6P』『Nexus5 X』へと生まれ変わりました。

 

nexus5X&nexus6P

 

『Nexus 6』は(少なくとも日本では)あまり人気がありませんでしたが、『Nexus 5』の方はその信頼性とコストパフォーマンスの高さからかなり人気があったので、新型モデルの登場を待っていた人も少なくないはず。

 

その『Nexus 5 X』がいよいよ10月20日からY!mobileの端末として選べるようになりましたが、ここでは旧モデル『Nexus 5』とのスペック比較やY!mobileのプラン内容などを紹介していきます。

 

ちなみに『Nexus 6P』はSoftBank、『Nexus5 X』はdocomoでも取扱いが決まっていますが、割引プランが適用されてもSoftBankやdocomoでは “格安スマホ” にならないので(笑)、このページでは「Nexus 5X+Y!mobile」という組み合わせでの説明になります。

 

それでは早速『Nexus 5』とのスペック比較から。

 

『Nexus 5X』:『Nexus 5』 スペック比較

 

LG / Nexus 5X

 

LG / Nexus 5X

 

LG / Nexus 5

 

LG / Nexus 5

 


 高さ×幅×厚さ(mm)  147 × 73 × 7.9
 画面サイズ  5.2インチ
 解像度  1920 x 1080
 CPU  1.8+1.4GHzヘキサコア
 OS  Android6.0
 ROM / RAM  16GB・32GB / 2GB
 バッテリー容量  2700mAh
 本体重量  約136g
 外部カメラ/ 内部カメラ  1230万画素 / 500万画素
 提供会社  Y!mobile・docomo
 高さ×幅×厚さ(mm)  138 × 69 × 8.6
 画面サイズ  5.0インチ
 解像度  1920 x 1080
 CPU  2.26GHzクアッドコア
 OS  Android5.0
 ROM / RAM  16GB / 2GB
 バッテリー容量  2300mAh
 本体重量  約130g
 外部カメラ/ 内部カメラ  800万画素 / 130万画素
 提供会社  Y!mobile

カメラ性能がアップしているのがポイント!

 

『Nexus 5X』は、Googleの最新モデルということで最新のOS「Android6.0(Marshmallow)」が搭載されていることに話題は集中しているようですが、注目したいのは、カメラの画素数が「外部カメラが800万画素から1230万画素、内部カメラが130万画素から500万画素」になっているところ。

 

カメラの解像度(とくに内部カメラ)は『Nexus 5』の最大の弱点だったので、今回のモデルチェンジにおける一番のポイントはここだと思います。

 

『Nexus 6P』との差別化を図るためなのか、CPUがオクタコア(8コア)ではなくヘキサコア(6コア)でやや中途半端ですが、スペック上はすでにクアッドコア(4コア)でも十分ということを考えればここはあまり気にするところではないでしょう。

 

こうして比較してみると、やはり最新モデルは魅力的ですが果たして『Nexus5 X』は “買い” なのでしょうか?

Y!mobileで『Nexus 5』からの機種変更は損をする!?

ということで次にY!mobileにおけるプラン内容の説明です。

 

『Nexus 5X』のGoogleの直販サイト【Googleストア】における販売価格は「16GBモデル:59,300円」「32GBモデル:63,400円」。

 

これに対してY!mobileにおける『Nexus 5X』の基本価格は「16GBモデル:75,168円」「32GBモデル:80,352円」と若干高めに設定されていますが、条件によっては割引価格が適用され、実質的にGoogleストアよりも端末価格が安くなるケースもあります。

 

Y!mobileプラン

 

Y!mobile端末価格

プランS(1GBプラン)

プランM(3GBプラン)

プランL(7GBプラン)

16GBモデル75,168円

割引額 1,080円×24か月

 

実質価格 49,248円

割引額1,620円×24か月

 

実質価格 36,288円

割引額 2,700円×24か月

 

実質価格 10,368円

Y!mobile端末価格

プランS(1GBプラン)

プランM(3GBプラン)

プランL(7GBプラン)

32GBモデル80,352円

割引額 1,080円×24か月

 

実質価格 54,432円

割引額1,620円×24か月

 

実質価格 41,472円

割引額 2,700円×24か月

 

実質価格 15,552円

※端末価格はデビュー時の金額になっています。

 

ただし、この表の割引価格が適用されるのは「docomoかauからの乗り換え(MNP)」または「STREAM Xなど旧イー・モバイルの端末・PHS/Dual端末からの機種変更」という条件があり、なんと『Nexus 5』『Nexus 6』からの機種変更は割引対象外なんです。

 

あくまでもau・docomoからの取り込みと、イーモバイルユーザーとウィルコムユーザーの整理が優先で、既存のユーザーは二の次といったところなのでしょうか?

 

まぁ、どちらにしてもY!mobileのユーザーは、たとえNexusユーザーであっても、端末価格がGoogleストアよりも高くなる『Nexus 5X』に機種変更するメリットは今のところまったくありませんね。

 

どうしても欲しいという場合は、Googleストアで購入してSIMカードを他のMVNOに浮気するのがオススメ!?
(Nexus 5XのSIMカードはナノSIMなのでSIMカッターで切るという手も!)

 

もちろん逆に、auやdocomoのユーザーなら『Nexus 5X』への機種変更を機にY!mobileへ乗り換えるメリットは大きいといえます。

 

つまり現時点では「Y!mobileユーザーは待ち」「au・docomoユーザーなら買い」というのが正しい選択です。

 

関連ページ

【最新版】無料の通話料金プランがある格安スマホ情報
ようやく格安スマホにも通話が無料になるプランやオプションを用意する会社が増えてきました。通話料金が高いというイメージがあった格安スマホもいよいよこれからは「かけ放題」の時代です。このページでは無料通話プラン(オプション)を提供している会社、その内容や料金などの最新情報を紹介します。
2016年秋のニューモデルラッシュで格安スマホがさらに進化!?
この秋は新型のSIMフリースマホが各メーカーから相次いで発表・発売されニューモデルラッシュになっています。ASUSの「ZenFone 3」、Huaweiの「honor 8」、Motorolaの「Moto Z Play」、GoogleがNexusシリーズと決別して完全自社開発した初めての端末「Pixel」など、いずれもハイスペック機種ということで今後の格安スマホ業界はさらに進化することになりそうです。
iPhoneに格安SIMカードを入れたら「格安iPhone」になるの?
ここではiPhoneは格安スマホとして利用できるかを解説しています。
LINEモバイルは他社と比較してお得なの?サービス詳細発表会の様子まとめ
本日(9月5日13時)行われた「LINEモバイル」のサービス詳細発表会の様子を簡単にまとめました。果たしてLINEモバイルは今後の格安スマホの主流となるのでしょうか?そのサービス内容はオススメかどうか解説します。
格安スマホの通話料を安くする方法
格安スマホのデメリットの一つともいえる割高な通話料金を安くする方法をいくつか紹介します。通話料金が高いから格安スマホにするのをためらっているという人は必見です。
メールアドレスはどっちにしてもフリーメールがお得!
ここでは格安スマホへの乗り換えを検討するときに覚えておきたいメールとメールアドレスについてのポイントを説明します。
格安スマホで使うと得をする電話アプリ一覧表
格安スマホの通話料金を安くするための電話アプリを一覧表でまとめました。
初めて持たせる子供用のスマホとして最適な格安スマホとは?
子供に初めてスマホを購入するタイミングってなかなか難しいですが、いざ持たせることになったらどこのスマホがいいのか?このページでは、料金が安いだけでなく、専用の機能が充実していて子供に安心して持たせることができるオススメの格安スマホを紹介します。
災害時に備えておきたい格安スマホの各サービス&アプリ
このページでは格安スマホユーザーが災害時に備えておきたいサービスやアプリ、注意点などをまとめています。いざという時のために確認してみてください。
『P9 lite』のスペックは格安スマホの新基準!ライバルは・・・
格安スマホの定番モデルとして人気が高かった『P8 lite』の後継機種『P9 lite』が満を持して登場しました。指紋認証機能、5.2インチフルHDディスプレイといったスペックは今後の格安スマホの新基準となりそうです。
2016年格安スマホの動向予測〜格安スマホは2016年も買い?
2015年も引き続き格安スマホは売れ行きが好調で契約数は年々倍増していますが、一方で、昨年秋に安倍首相が「日本の携帯代は高すぎる」と発言したことで業界全体が騒然としました。果たして2016年は大手キャリアの携帯代が安くなるのでしょうか?そして今後の格安スマホはどうなるのでしょう?このページでは2016年における格安スマホを中心とした業界の予測をしてみます。
格安スマホはまだまだ安くなるの?それとも今が買い?
2013年から2015年にかけてどんどん安くなる格安スマホ(格安SIMカード)。今後もまだ安くなっていくのか?そのヒントは?
これからの格安スマホはサービスの内容で選ぶ時代!?
料金が横並びとなったいま、お得なサービスが付いているかどうかというのは格安スマホを選ぶうえで大きなポイントとなります。このページではお得なサービス(特典)を展開している会社とその内容を紹介しています。
月間7GBでは足りないというヘビーユーザーにオススメのプランとは?
ここでは同じ格安スマホでも7GBでは足りないというヘビーユーザー向けのプランを紹介します。
格安スマホは通話が無制限じゃなくなるから乗り換えない?
とにかく通話をたくさん利用するという人が選ぶべき格安スマホを紹介します。
あの『ZenFone 5』が負けた!?気になる最新モデル『P8 lite』のすべて
『ZenFone 5』に代わる格安スマホの新たな定番モデルとして注目されている『P8 lite』。このページでは格安スマホの端末として最も人気のあるミドルスペックモデル『P8 lite』の気になるスペック比較やオススメの申込先を紹介します。
今後の主流?ASUSが新型端末『ZenFone 2』を発表
ASUSの新型端末『ZenFone 2』をライバル端末とのスペック比較を含めながら紹介します。