格安スマホ ランキング

格安スマホのジャンル別ランキング

MENU

格安スマホいろいろランキング

トップページでは『データ通信がメイン』『通話がメイン』という使い方に分けて「お得な格安スマホの申込先」をランキングで紹介していますが、このページではジャンル別に格安スマホの会社をランキングしています。

 

「今もっとも人気がある会社」「SIMカード単品での料金が安い会社」「シニア層に人気の会社」といった特徴に分けてそれぞれベスト3を紹介しているので、こちらのランキングも申込先を選ぶ際の参考にしてみてください。

 

 

いろいろランキング


いま、もっとも人気のある格安スマホの申込先はここ!

 

まずは「申込者数が増えている会社ベスト3」。これは、全体のシェアではなく直近3カ月のデータで申込者数が伸びている会社をランキングしたもので、言ってみれば、今もっとも人気のある格安スマホの会社ベスト3ですね。

 

1位は、申込むときだけでなく契約中ずっとポイントバックなどの特典が豊富な「楽天モバイル」です。ここ最近はとくに人気が高く申込者数は急増中。音声プランのシェアは常に1位の座をキープしています。

 

2位は最新の端末がラインナップされたことで人気が急上昇している「Y!mobile」、“フリータンク”というデータ量の共有サービスを開始して人気急上昇の「mineo」が3位です。

 

 

楽天モバイル公式サイト

楽天モバイルで格安スマホを利用している間はずっと楽天市場でのポイントが2倍になるのでフルに活用すればかなりお得。楽天カードは審査があまり厳しくないのでクレジットカードが作りやすいのも隠れたメリット!?


 

Y!mobile公式サイト

Y!mobileは、10分以内の通話が月間300回まで無料という他の会社にはないサービスがあるのが最大のメリットです。電話をかけることが多いというユーザーから圧倒的な支持を得ています。+1,000円でかけ放題にも!


 

mineo公式サイト

mineoのユーザー同士でデータ量(パケット)を分け合える「フリータンク」というサービスを開始してから人気が急上昇!フリータンクを上手に利用すれば少なめのプランに申込んでおいても不安がありませんね。


 

 

端末があるならSIMカード料金の安さで決める!

 

「SIMカード単品の料金が安い会社ベスト3」は、端末代金を別にしたSIMカードのみの利用料金が安い会社のランキングです。最近では各社のSIMカード料金に大きな差はありませんが、すでに端末がある、もしくは端末の分割払いが終了した後のランニングコストを重視する場合の参考にしてください。

 

なお、このランキングはポイントバックなどの特典は考慮していません。

 

1位は、データ量500MB(0.5GB)未満は月額利用料が0円の、いわゆる『0(ゼロ)SIM』が利用できる「nuro mobile(ニューロモバイル)」です。

 

通話付プランでも月額700円から利用できるうえ、500MBから1GBまでは料金が100MB=100円刻みになっているので必要最小限のデータ量で十分というユーザーにピッタリ。各月の10日、20日、30日と “0” の付く日にしか申込みできないところがネックか。(通常の定額プランも決して高くはありません)

 

2位は、プランのバリエーションが多く、10GBまでのプランは業界の最安値水準になっている「DMMモバイル」。12GB以上の大容量プランを20GB、30GB、40GB、50GBと細かく揃え、しかも最安値水準の「イオンモバイル」が3位です。

 

1GBまでの最低限プランは「nuro mobile」、10GBまでのプランは「DMMモバイル」、12GB以上の大容量プランなら「イオンモバイル」がお得というわけですね。

 

 

nuro mobile公式サイト

なんといっても『0 SIM』を利用できるのがnuro mobileの最大の魅力です。申込み可能日は限定されていますが、通話プランが499MBまで700円、〜599MB=800円、〜699GB=699円・・・・999GB=1,200円と100MB刻みになっているので、とにかく必要最低限のデータ量で利用したい場合はお得です。


 

DMMモバイル公式サイト

通話付で3GB=1,500円、5GB=1,910円など、10GBまでのもっともポピュラーなプランにおける月額利用料を業界の最安値ラインでキープしつづけているのがDMMモバイルの特徴です。データ量のバリエーションが多く使い方にマッチしたプランが選びやすいのも魅力。


 

BIGLOBE公式サイト

とにかく大容量のプランが必要というヘビーユーザーは20GB以上の月額利用料が業界の最安値ラインにあるイオンモバイルがおすすめ。最近では自宅でパソコンを利用するときにスマホのテザリングでインターネット接続するという人も多いようです。


 

 

分かりやすさが決め手!シニア層に人気の会社はここ!

 

60歳以上の方に人気のある格安スマホの申込先ランキングがこちら。ネットでの申込みには抵抗があるという人が多いので、やはり実店舗のある申込先が圧倒的に人気がありますね。ただし、最近ではインターネットを活用している人も多くWEBからの申込みも急激に増えています。

 

1位は何といってもイオンモバイルです。実店舗の数も多く、馴染みがあるから安心して申込めるというのが大きなアドバンテージとなっています。もちろん、買物の途中で話を聞いて申込むといった人が多いのも特徴。

 

2位のY!mobileもやはり実店舗の多さで人気があります。家電量販店で3大キャリアと比較して申込むというパターンが多いようです。3位の楽天モバイルは販売員が訪問してくれて自宅で申込める「ご自宅出張申込」があるのが最大の魅力。知名度の高さも人気の理由といえます。

 

 

イオンモバイル公式サイト

イオンモバイルの魅力は何といってもその安心感。実店舗の販売員から細かい説明やアフターフォローが受けられるのはシニア層にとって大きなメリットとなります。ただし、最近は販売員の数が少なくなってきているのが気になります。


 

Y!mobile公式サイト

docomoなどのキャリアと併設した家電量販店の店舗での申込みが多いY!mobile。キャリアのスマホを見に来て「たまたま料金を比較したらこちらの方が安かったから」という理由で申込むパターンも!


 

楽天モバイル公式サイト

実店舗はそれほど多くありませんが楽天モバイルは自宅で申込みができる「ご自宅出張申込」というサービスがあります。申込みだけでなく、設定サポート、使い方のレッスンまで受けられるのが特徴です。


 

 

分からないことがあっても安心!初心者に人気の申込先はここ!

 

格安スマホには興味があるけれど、機械が苦手という人、操作や初期設定などに不安があるという人に人気のある申込先がこちら。実店舗の有無にかかわらずスマホ初心者に対して電話やメールでのサポートが充実している会社がランキング上位を占めています。

 

1位のmineoは初心者でも安心できるようにコミュニケーションツールを多く用意しているのが特徴です。自宅で同じ画面を見ながら遠隔サポートが受けられる「スマホ操作アシスト」も魅力。

 

2位の楽天モバイルは申込みページが分かりやすいと評判です。利用者数が多いのも安心。3位のTONEもプランがシンプルなこともありスマホが初めてという人に人気があります。

 

 

mineo公式サイト

端末の画面を見ながらオペレーターが遠隔サポートしてくれる「スマホ操作アシスト」というサービスがあるのは心強いですね。申込み前だけでなく利用中の不安も解消できるアイデアとして、ユーザー同士でコミュニケーションができるツールを用意しているのも特徴。


 

 

楽天モバイル公式サイト

申込みの流れや本人確認書類アップロード方法の動画説明、プラン診断やQ&Aなどが充実していて申込みページが分かりやすいのが特徴。利用者数が多くサポート体制もしっかりしているので安心感があります。


 

TONEモバイル公式サイト

 TONE

TONEはサービス開始当初から初心者に丁寧な対応をしてくれることで有名です。基本的にはプランが一種類だけなので初心者でも分かりやすく、子供に持たせる初めてのスマホとしても評判。