5G スマホ

「5G」が始まったらスマホの料金や通信制限はどうなる?どう変わる?

MENU

「5G(第5世代移動通信システム)」が始まったらどうなる?どう変わる?

5Gサービスで生活はどう変わる?

 

ドコモ、au(KDDI)、ソフトバンク、楽天モバイルへの電波の割り当ても決まり、いよいよ日本のモバイル通信規格が、第4世代の4G(LTE)から第5世代の5Gの時代へと突入していきます。

 

ただ、『5G(ファイブジー)』という言葉は耳にするものの、まだまだ一般的には「今より通信速度が速くなるんでしょ?」くらいの認識しかないかもしれません。

 

なので当然、スマホのプランが5Gになったら「月額料金が高くなるの?」「ギガは無制限になるの?」といった疑問を持っている人も多いはずです。

 

そこでこのページでは、スマホでの5Gプランはいつから始まるのか、料金はどのくらいになるのか、5Gが始まったら生活はどのように変わるのか、といったことを中心に5Gの内容を説明していきます。

 

5Gが普及するとこんなことができます

 

ということで、そもそも「5G(第5世代移動通信システム)」とはどのようなサービスなのか?

 

まずはここから説明していきましょう。

 

多くの人が「5Gの通信速度は4Gよりもかなり速くなる」ということは理解していると思いますが、その速度は実際の数字で言うと下り最大20Gbps以上が想定されています。

 

現在の4Gが平均で500Mbps(0.5Gbps)くらいとすると、およそ40倍の通信速度になるということです。具体的には、2時間の映画を数秒でダウンロードできる速度といったところでしょうか。

 

goggle

 

これにより、「超高速大容量」「超低遅延」「多数端末接続」が可能になるのが5Gの特徴となります。

 

ほぼ遅延することなく「超低遅延」、同時に多くの端末で「多数端末接続」、圧倒的な処理速度によって大量の情報(データ)を瞬時にやりとりができる「超高速大容量」ということですね。

 

例えば、スタジアムでの野球観戦において全ての観客が手元の端末でピッチャー・バッターをいろんな角度から見るといったことや、それぞれの自宅で友達と一緒にVRゴーグルで世界旅行なんていうことも可能。

 

自動運転

 

また、4G規格では片道で約0.005秒だった通信データの遅延は、5Gでは片道0.001秒以下に抑えることを目標としています。

 

この “超低遅延化” が実現することで、危険な場所での無人による作業、遠隔操作での手術、さらには、車で出かけてお酒を飲んだ帰りに、家にいる家族に遠隔で運転を任せるなんていうことも実現できるんです。

 

サービスを提供する側、コンテンツを作る側のアイデア次第で実現可能なことが無限に広がるともいえますね。

スマホの5Gサービスがいつから始まるの?

ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルというキャリア各社が5Gサービスを開始する予定時期がこちら。

 

  • ドコモ:2020年春
  • au(KDDI):2020年3月
  • ソフトバンク:2020年3月頃
  • 楽天モバイル:2020年6月頃

 

それぞれの会社で開始時期が若干ズレていますが、基本的には2020年の春から夏にかけて、つまり「東京オリンピック」が開催されるまでにはサービスが開始されるということですね。

 

これに先駆けて、ドコモは今年の9月から開催される「Rugby World Cup 2019」の会場でプレサービスを予定していますし、auも9月頃、ソフトバンクも夏頃には何らかの形で5Gサービスを先行提供する予定になっています。

 

肝心のスマホの月額料金、高くなる?安くなる?

さて、それでは肝心の『5Gサービスによるスマホの月額料金』はどうなるんでしょう?

 

ふつうに考えれば、実現できることが飛躍的に増えるわけですから、当然料金が値上がりしそうなものですが、どうやらそれほど高くなることはなさそう。

 

スマホ料金

 

むしろ、キャリア(設定プラン)によっては実質的に安くなるといったこともありそうです。

 

auは、利用者の使い方に応じた安価で最適なプランや、5Gの大容量コンテンツを存分に楽しめるプランを提供する用意があると言っています。

 

また、楽天モバイルの三木谷社長は、「基本的には5Gだから料金を高くするということは考えていないし、より安く便利に使ってもらうことで社会貢献できるような価格を考えている」などと語っています。

 

こうした発言があることからも、少なくともサービス開始直後から極端にスマホの料金が高くなることはないでしょう。3Gから4Gへと世代が変わったときも、業界全体でみればそれほど料金が高くなったということもありませんでしたね。

 

ただし、将来的には「通信機器(端末)」の種類によって料金を変えたり、通常は4Gのまま、オプションで5Gにできるプランが出てくるといったことは予想できますし、このことで料金が多様化する可能性は考えられます。

ギガ死の心配は?5Gの通信制限はどうなる?

5Gのプランが始まっても、料金が現状から極端に値上がりすることがないとすると、次に心配になるのは通信制限の問題、月の途中でギガがなくなってしまう“ギガ死”の問題ですね。

 

現在では、ソフトバンクなどは50GBという大容量のプランがありますが、ユーザーによってはそれでも足りないようですし、ましてや5G向けのコンテンツとなればもっと大変なことになるかも・・

 

ただ、これに関しても、同程度の料金プランで現状よりも通信制限の条件が厳しくなるようなことはないでしょう。元々5Gは、通信速度が格段に速くなるぶん処理能力も高くなるのが特徴なので、今よりも環境が悪化するようでは本末転倒。

 

実際に、ソフトバンクは「完全な使い放題を実現していかないと5Gの本当の良さを発揮できない」などと言っていますし、各キャリアとも考え方にそれほどの違いはないと思われます。

 

もちろん、今までのようなパケット量でカウントするものとは違った形の制限をしてくる可能性はあるでしょう。

5G用の端末はどうなるの?今のスマホは使えるの?

端末の問題はどうでしょう?持っているスマホが使えなくなるのでしょうか?

 

結論から言うと、4Gから5Gへの移行期間があるので当分の間は大丈夫。

 

もちろん、この移行期間にいずれは5Gに対応した端末に買い替えるというタイミングが来るでしょうが、いま持っているスマホが来年から急に使えなくなるようなことはありません。

 

5G

 

ちなみに、超高速大容量に対応した端末というと、かなり複雑な仕組みですごく高価になりそうですが・・

 

実は、端末の性能自体はそれほど高度なものが必要というわけではありません。

 

5Gのシステムは、データをクラウドに送って複雑な情報を瞬時に処理してから端末へ送信することが可能になるので、これまでより端末の負担が軽くなります。

 

つまり、端末の中身をよりシンプルな構造にできるということですね。なので、むしろ量産されるようになれば現在よりも安くなる可能性すらあるんです。

 

とはいっても、サービス開始当初は先行投資的に今よりも端末価格が高くなることは予想されます。(キャリアもここで元を取る?)

 

どちらにしても、5Gが始まってもしばらくは本格的な5G向けのサービスは期待できませんし、すぐに専用のスマホが必要になるわけではないので、慌てて新しい端末を購入しなくても大丈夫でしょう。

「5Gのスマホプラン」まとめ

さて、ここまで新世代の通信規格「5G」についていろいろと説明してきましたが、ここで簡単にスマホのプランについて整理してみましょう。

 

5Gのスマホプランが始まるのは、各社ともに2020年中旬頃。

 

ただし、各キャリアが今年の夏頃には全国の様々な場所でプレサービスを展開するようなので、実際に5Gのスピードなどを体験することができるかもしれませんね。

 

肝心の月額料金に関しては、これまでの世代交代の流れからすると基本的には現状維持くらいに落ち着きそうですが、今年の夏からドコモをはじめとしたキャリア各社がスマホの料金プランを一新してくるので、今後の展開から目は離せません。

 

もちろん、しばらくは4Gサービスも併用されるので、オプションとして5Gを扱うのか、基本プランの一部に組み込むのかといったところがポイントとなります。

 

また、通信制限がどうなるかも、今後決まっていく料金プランの構成次第ということになるでしょう。(技術的には4Gよりもデータ容量が増やしやすい=無制限になる可能性が高い?)

5Gサービスの課題とは?

5Gで使用する電波は、4Gよりも飛ぶ距離が短かったり(届く範囲が狭い)、建物の影響を受けやすいなどの弱点があり、より多くの基地局が必要なので普及するまでにはしばらく時間がかかるのは残念なところ。

 

実際、ドコモとauは、5年以内を目処に全国の90%を5Gエリアにするという計画なので、完全に普及するのはまだまだ先のことです。

 

もちろん、サービスが始まることによって、スポーツ観戦や、困難な仕事へのアプローチ、医療現場などが変化する可能性は広がりますが、正直なところ、スマホでできることが劇的に変化することはないでしょう。

 

むしろ本格的に5Gが普及したら、スマートフォンとは別の端末が主力になる可能性もありますね。

 

5Gの未来

 

そして、なんと言っても重要なのは、5Gサービスが発展していくうえで中心となるのはあくまでもコンテンツやアプリケーションを提供する側だということ。

 

いくらインフラの整備が進んでも、対応する高性能な端末を用意しても、魅力的なコンテンツがなければ5Gの意味はありません。

 

重要なのはあくまでもコンテンツの充実です。

 

また、日本は5G技術でアメリカや韓国に遅れをとっているという声も聞こえますが、後出しジャンケンで世界の流れに乗るほうがよっぽど賢明だと思います。(アメリカや韓国もまだまだ技術的にはなんちゃって5Gですし)

 

2Gの時代に「i-mode」サービスの導入で調子に乗って、キャリアもユーザーも気がつけばガラパゴス化していたという過去の苦い経験もありますから・・

 

もしかしたら、5Gサービスが充実していく過程で「生活がどのように進化するのか」「どのようなことができるようになるのか」、ここに注目しつつ、少し遠目で眺めながら5Gを自分の生活に取り入れていくくらいがちょうど良いかもしれませんね。

 

 

関連ページ

メールアドレスはどっちにしてもフリーメールがお得!
ここでは格安スマホへの乗り換えを検討するときに覚えておきたいメールとメールアドレスについてのポイントを説明します。
【最新版】格安スマホの通話無料オプション情報
ようやく格安スマホにも通話が無料になるプランやオプションを用意する会社が増えてきました。通話料金が高いというイメージがあった格安スマホもいよいよこれからは「かけ放題」の時代です。このページでは無料通話プラン(オプション)を提供している会社、その内容や料金などの最新情報を紹介します。
初めて持たせる子供用のスマホとして最適な格安スマホとは?
子供に初めてスマホを購入するタイミングってなかなか難しいですが、いざ持たせることになったらどこのスマホがいいのか?このページでは、料金が安いだけでなく、専用の機能が充実していて子供に安心して持たせることができるオススメの格安スマホを紹介します。
格安スマホの端末(スマホ本体)保証を比較!オススメの保険はこれ!
このページでは、主要な格安スマホの申込先で用意している『端末(スマホ本体)の保証オプション』の内容を解説するとともに、オススメの保険なども紹介しています。
災害時に備えておきたい格安スマホの各サービス&アプリ
このページでは格安スマホユーザーが災害時に備えておきたいサービスやアプリ、注意点などをまとめています。いざという時のために確認してみてください。
iPhoneに格安SIMカードを入れたら「格安iPhone」になるの?
ここではiPhoneは格安スマホとして利用できるかを解説しています。
格安スマホは通話が無制限じゃなくなるから乗り換えない?
とにかく通話をたくさん利用するという人が選ぶべき格安スマホを紹介します。
格安スマホはまだまだ安くなるの?それとも今が買い?
2013年から2015年にかけてどんどん安くなる格安スマホ(格安SIMカード)。今後もまだ安くなっていくのか?そのヒントは?
格安スマホで使うと得をする電話アプリ一覧表
格安スマホの通話料金を安くするための電話アプリを一覧表でまとめました。
『P9 lite』のスペックは格安スマホの新基準!ライバルは・・・
格安スマホの定番モデルとして人気が高かった『P8 lite』の後継機種『P9 lite』が満を持して登場しました。指紋認証機能、5.2インチフルHDディスプレイといったスペックは今後の格安スマホの新基準となりそうです。
LINEモバイルは他社と比較してお得なの?サービス詳細発表会の様子まとめ
本日(9月5日13時)行われた「LINEモバイル」のサービス詳細発表会の様子を簡単にまとめました。果たしてLINEモバイルは今後の格安スマホの主流となるのでしょうか?そのサービス内容はオススメかどうか解説します。