子供用の格安スマホお役立ち情報

初めて持たせる子供用のスマホとして最適な格安スマホとは?

MENU

子供用のスマホとして最適な格安スマホとは?

子供にスマホを持たせるタイミングって難しいですよね。

 

「周りの友達はみんな持っているから」「LINEができないと仲間に入れてもらえない」などと言われても、親としての考えもあるのですぐに「ハイ、そうですか」というわけにもいきません。

 

ただ、通っている学校や友達の環境によっては仕方のないケースもありますし、さすがにキッズケータイというのも可哀想。もちろん、見守るという意味では逆にスマホを持たせた方が安心という場合もあります。

 

では、タイミングはどうであれ、もし子供にスマホを持たせるならどこのスマホがいいのか?

 

実は、子供用のスマホとして特別な機能が付いている格安スマホというのはそれほど多くありません、というよりほとんどないと言ってもいいでしょう。

 

そんななか、子供向けの専用機能が搭載された唯一の格安スマホともいえるのがTONEのスマホです。

 

むしろ積極的に子供に持たせたくなるような機能が満載なので、ここではその内容を詳しく説明していきます。

TONEの特徴とは?

まずはTONEの基本となるプランの内容を簡単にまとめると・・・

TONE

  • 月額利用料が基本パックで1,000円
  • 通話がIP電話回線(3G回線は953円のオプション扱い)
  • 通信回線の時間制限がない代わりに速度が500kbps前後
  • 端末はTONEオリジナルの専用機種
  • TSUTAYA関連のポイントサービスなどがある

 

TONE(トーンモバイル)公式サイト >>


 

これに加え、子供が利用する上で親にも安心な機能の『TONEファミリー』が充実しています。

 

その機能を解説した2分ほどの動画があるのでこちらをどうぞ。(音声が出ますのでご注意ください)

 

 

動画で解説している家族で利用するときに安心な機能(TONEファミリー)

 

GPSが付いているスマホは他にもありますが、TONEは専用のソフトが標準で付いているので位置情報の確認機能がすぐに利用できます。また、インストールするアプリを親が選べるという機能だけでなく、利用する時間もアプリごとに設定可能なので時間帯でゲームなどを制限することができるのもポイントの一つです。

 

さらに「歩きスマホの警告」「メッセージを確認するまで表示する機能」「家族専用のメッセージを設定できるエアノック機能」などもあります。(保護者がTONEを利用していない場合でも月額200円で利用可能)

 

TONEのデメリットは?

 

ここでTONEの注意点についても触れておきましょう。

 

TONEの基本プランでは、通話回線が通常の3G回線(090発信など)ではなくIP回線という点と、通信速度が500kbps〜600kbpsと低速な点が他の会社のプランとは異なります。

 

電話がIP回線で、ネット接続が低速通信ということで月額1,000円という安さを実現しているわけですね。

 

もちろん、3G回線や高速通信を利用できるためのオプションも設定されていますが、このオプションを付けてしまうと(他社と同じ仕様にすると)他社よりも月額料金が高くなってしまうので本末転倒。

 

この2点をどう捉えるかによってTONEの価値は変わると言っていいでしょう。

 

とはいえ、TONEは今のところ子供に持たせるスマホとしては最適

とはいえ、IP電話同士なら無料で通話ができますし、500kbps〜600kbpsという通信速度(実測では2Mbps前後出ています)は、むしろYouTubeなどを見過ぎないようにするためと考えればメリットになるかもしれません。

 

もちろん、インターネットで調べ物をするなどの用途には通信速度が500kbpsもあれば十分なので、そのぶんで料金が安く抑えられているTONEは、お子さんに持たせる初めてのスマホとしてはやはり魅力があります。

 

月額1,000円という金額であれば子供との連絡用に2台持ちにするというのもアリですね。

 

お子様でも安心TSUTAYAのスマホTONE

 

最後に・・

 

最近では、公立小中学校で校内にスマホの持ち込みが解禁になる流れがあります。もちろん、学校にスマホを持っていく事に関して賛否もありますが、親としてはスマホを持たせる事で安心することはたしかです。

 

初めてスマホを持たせるときはやはり不安ですが・・

 

  • スマホはリビングで使う
  • 自分の部屋ではやらない
  • 暗証番号は共有する
  • 親も基本的に自由に見て良い

 

などの決め事を最初に決めておけばスマホって案外スムーズに家族みんなで楽しめます。親には無駄に思えるものでも子供にとってはすごく重要ということもありますしね。

 

 

関連ページ

【最新版】格安スマホの通話無料オプション情報
ようやく格安スマホにも通話が無料になるプランやオプションを用意する会社が増えてきました。通話料金が高いというイメージがあった格安スマホもいよいよこれからは「かけ放題」の時代です。このページでは無料通話プラン(オプション)を提供している会社、その内容や料金などの最新情報を紹介します。
メールアドレスはどっちにしてもフリーメールがお得!
ここでは格安スマホへの乗り換えを検討するときに覚えておきたいメールとメールアドレスについてのポイントを説明します。
格安スマホの端末(スマホ本体)保証を比較!オススメの保険はこれ!
このページでは、主要な格安スマホの申込先で用意している『端末(スマホ本体)の保証オプション』の内容を解説するとともに、オススメの保険なども紹介しています。
災害時に備えておきたい格安スマホの各サービス&アプリ
このページでは格安スマホユーザーが災害時に備えておきたいサービスやアプリ、注意点などをまとめています。いざという時のために確認してみてください。
iPhoneに格安SIMカードを入れたら「格安iPhone」になるの?
ここではiPhoneは格安スマホとして利用できるかを解説しています。
格安スマホは通話が無制限じゃなくなるから乗り換えない?
とにかく通話をたくさん利用するという人が選ぶべき格安スマホを紹介します。
格安スマホはまだまだ安くなるの?それとも今が買い?
2013年から2015年にかけてどんどん安くなる格安スマホ(格安SIMカード)。今後もまだ安くなっていくのか?そのヒントは?
格安スマホで使うと得をする電話アプリ一覧表
格安スマホの通話料金を安くするための電話アプリを一覧表でまとめました。
『P9 lite』のスペックは格安スマホの新基準!ライバルは・・・
格安スマホの定番モデルとして人気が高かった『P8 lite』の後継機種『P9 lite』が満を持して登場しました。指紋認証機能、5.2インチフルHDディスプレイといったスペックは今後の格安スマホの新基準となりそうです。
LINEモバイルは他社と比較してお得なの?サービス詳細発表会の様子まとめ
本日(9月5日13時)行われた「LINEモバイル」のサービス詳細発表会の様子を簡単にまとめました。果たしてLINEモバイルは今後の格安スマホの主流となるのでしょうか?そのサービス内容はオススメかどうか解説します。