格安スマホお役立ち情報

災害時に備えておきたい格安スマホの各サービス&アプリ

MENU

災害時の注意点と備えておきたい格安スマホの各サービス

「長時間の電話や画像等の大容量データ送信を控えるなど、通話・通信は最小限に収める」「情報収集はデータ通信を利用しないラジオなどを活用する」等、災害時における注意点は格安スマホもdocomoなどのキャリアも基本的に変わりはありません。

 

格安スマホはシステム上混雑時の通信速度が遅くなる場合もありますが、災害発生時はキャリアのスマホでも状況は同じです。なので、どちらにしても直接的な通話や通信に頼らない災害時対策が必要だといえます。

 

ということで、このページでは格安スマホユーザーが災害時に備えておきたいサービスや知っておくと便利なアプリがあるのでその内容をまとめてみました。

 

緊急通報

 

まず確認しておきたいのが緊急通報、いわゆる110番や119番は、当然のことながらデータ専用SIM(SMS機能付き含む)では利用できません。

 

また、IP電話においても基本的には利用できないので、緊急通報をするためには3G回線(090発信など)の音声通話付きのSIMプランが必要になってきます。

 

これは災害時に限らず緊急用の想定も合わせて認識しておきたいポイントといえますね。

 

緊急地震速報

 

「キュイ!キュイ!」という発信音とともに地震の発生を知らせる緊急地震速報(エリアメール)は、データ専用SIM、SMS機能付きデータ専用SIM、音声機能付きSIMのいずれもシステム的には利用することができることになっています。

 

ただし、端末によっては利用できないケースもあるので、この場合はYahoo!が提供している「防災速報」や、RC Solutionが提供している「ゆれくるコール」などのアプリを前もってインストールしておくことをオススメします。

 

ちなみに、緊急地震速報が利用できるかどうかの判断は「防災週間」に各自治体で行っているテスト配信によって確認することができます。

 

安否登録・安否確認

 

災害時に最初に行いたいのは被災した家族や友人の安否確認ですね。

 

格安スマホはdocomo・au・SoftBankが提供している災害用伝言板は基本的に利用できませんが、安否の登録・確認はNTTやGoogleなどが提供しているサービスがありますので心配いりません。

 

まず安否の登録は、もっともポピュラーで誰でも登録できるNTTの「web171」があるのでこれを利用しましょう。web171で電話番号を登録すればそのデータをキャリアの災害用伝言板からも検索(確認)できるので安心です。

 

また、「Googleパーソンファインダー」を利用すれば名前での登録ができるのでこちらも便利。

 

安否の確認に関してはNTTレゾナントが災害時に提供する「J-anpi」を利用すれば「web171」「Googleパーソンファインダー」などに登録したデータが検索できます。

 

災害用伝言板などの安否登録・確認サービスは、格安スマホユーザーだけでなくキャリアのユーザーも利用方法などを前もって確認できていないことが多いようです。

 

どちらにしても、いざという時に利用できるサービスとその利用方法を確認しておくといいかもしれませんね。

 

災害時に利用できるアプリのまとめ(Android版)

 

Yahoo!災害速報 goo防災アプリ ゆれくるコール 竜巻アラート NAVITIME

Yahoo!災害速報

地震・台風の雨・警報・避難勧告などを現在地と設定3地域まとめてニュース速報する無料天気予報アプリ。

goo防災アプリ

防災・災害に関する情報の提供やJ-anpi サービスを利用した安否情報の登録・検索ができる総合防災アプリ。

ゆれくるコール

気象庁が発表した緊急地震速報を元に地震発生の情報をプッシュ通知ですばやく知らせるアプリ。

竜巻アラート

設定した地域に竜巻発生の可能性が高くなると、ポップアップや通知バーなどで知らせてくれるアプリ。

NAVITIME

一部機能は無料で利用できる有名な総合地図アプリ。有料ならではの信頼性と多彩な機能が評判。

 

goo防災マップ 防災情報
・全国避難所ガイド
Emergency
Button (SOS)
radiko.jp フラッシュライト
-Tiny Flashlight

goo防災マップ

国土交通省が提供する避難所や公共施設、病院などのオープンデータ、公衆電話データなどを表示する防災地図アプリ。

防災情報・全国避難所ガイド

避難勧告やJアラート、気象警報や地震情報などのLアラート情報(災害情報共有システム)が配信されるアプリ。

Emergency Button (SOS)

緊急ボタンを使用すると緊急メッセージやあなたの最後の位置をワンクリックで送信できるアプリ。

radiko.jp

スマートフォンがそのままラジオ受信機となる「IP(Internet Protocol)サイマルラジオ」の無料配信アプリ。

Tiny Flashlight

停電や明りの少ない夜道を歩く時など、色々な場面で活躍するカメラLEDを利用した懐中電灯のアプリ。

 

災害時に利用できるアプリのまとめ(iOS版)

Yahoo!災害速報

goo防災アプリ

ゆれくるコール

竜巻アラート

NAVITIME

goo防災マップ

防災情報
・全国避難所ガイド

SEND HELP
(別バージョン)

radiko.jp

フラッシュライト
-Tiny Flashlight

 

関連ページ

【最新版】格安スマホの通話無料オプション情報
ようやく格安スマホにも通話が無料になるプランやオプションを用意する会社が増えてきました。通話料金が高いというイメージがあった格安スマホもいよいよこれからは「かけ放題」の時代です。このページでは無料通話プラン(オプション)を提供している会社、その内容や料金などの最新情報を紹介します。
メールアドレスはどっちにしてもフリーメールがお得!
ここでは格安スマホへの乗り換えを検討するときに覚えておきたいメールとメールアドレスについてのポイントを説明します。
初めて持たせる子供用のスマホとして最適な格安スマホとは?
子供に初めてスマホを購入するタイミングってなかなか難しいですが、いざ持たせることになったらどこのスマホがいいのか?このページでは、料金が安いだけでなく、専用の機能が充実していて子供に安心して持たせることができるオススメの格安スマホを紹介します。
格安スマホの端末(スマホ本体)保証を比較!オススメの保険はこれ!
このページでは、主要な格安スマホの申込先で用意している『端末(スマホ本体)の保証オプション』の内容を解説するとともに、オススメの保険なども紹介しています。
iPhoneに格安SIMカードを入れたら「格安iPhone」になるの?
ここではiPhoneは格安スマホとして利用できるかを解説しています。
格安スマホは通話が無制限じゃなくなるから乗り換えない?
とにかく通話をたくさん利用するという人が選ぶべき格安スマホを紹介します。
格安スマホはまだまだ安くなるの?それとも今が買い?
2013年から2015年にかけてどんどん安くなる格安スマホ(格安SIMカード)。今後もまだ安くなっていくのか?そのヒントは?
格安スマホで使うと得をする電話アプリ一覧表
格安スマホの通話料金を安くするための電話アプリを一覧表でまとめました。
『P9 lite』のスペックは格安スマホの新基準!ライバルは・・・
格安スマホの定番モデルとして人気が高かった『P8 lite』の後継機種『P9 lite』が満を持して登場しました。指紋認証機能、5.2インチフルHDディスプレイといったスペックは今後の格安スマホの新基準となりそうです。
LINEモバイルは他社と比較してお得なの?サービス詳細発表会の様子まとめ
本日(9月5日13時)行われた「LINEモバイル」のサービス詳細発表会の様子を簡単にまとめました。果たしてLINEモバイルは今後の格安スマホの主流となるのでしょうか?そのサービス内容はオススメかどうか解説します。