格安スマホお役立ち情報

【最新版】格安スマホの通話無料オプション情報

MENU

格安スマホも無料通話の時代!いよいよ乗り換えのチャンス到来!

格安スマホは、契約先が提供している半額アプリを利用すれば通話料金を半額(20円/30秒 ⇒10円/30秒)に抑えることができます。

 

当然、このアプリを利用することで通話料金を節約できますが、これまでは docomo・au・softBankが設定しているような「かけ放題プラン」がなかったので格安スマホの通話料金は高いというイメージもありました。

 

実際に「格安スマホにしたかったけど通話が無制限じゃないから諦めた」という人も多いようです。

 

格安スマホも無料通話なら安心

 

しかしついに、格安スマホにも通話が無料になるプラン(オプション)を設定する会社が登場してきました。ここにきてようやく通話代が無料のプランが選べるようになったわけですね。

 

しかも、一気に通話無料オプションを設定する会社が増え、いまでは何かしらの通話オプションがあるのが格安スマホの常識になり、むしろ種類が多すぎて混乱するような状態になってきたと言ってもいいでしょう。

 

そこでこのページでは、通話無料オプションのタイプやその内容を解説して、格安スマホ各社が提供しているオプションを分かりやすく整理してみました。

 

「通話料金を気にしなくてもいいなら今度こそ本格的に格安スマホへの乗り換えを考える」という人もいると思いますのでぜひ参考にしてみてください。

まずは無料通話オプションのタイプをまとめました

格安スマホでは、基本プランにオプションを追加することで通話料金が無料になるというのが一般的で、そのオプションのタイプは大きく分けると次の4つがあります。

 

  • 「1回の通話時間制限付き」タイプ・・・1回の通話が5分や10分といった時間内で無料
  •  

  • 「1ヶ月の通話時間制限付き」タイプ・・・月間トータルの通話が30分や60分といった時間内で無料
  •  

  • 「かけ放題」タイプ・・・時間や回数に関係なく誰にかけても通話が完全無料
  •  

  • 「トップ3かけ放題」タイプ・・・通話時間が多かった上位3人への通話が無料

 

これらの中から、自分に合っているタイプを選んで追加しますが、オプション金額はタイプによって月額800円〜1,300円くらいに分かれています。

格安スマホで選べる4つの無料通話オプションの内容はこちら

次に、それぞれの通話無料オプションの内容をもう少し詳しく説明します。

 

「1回の通話時間制限付き」タイプ

このタイプは、設定された時間内であれば、月に何度かけても料金がかからないというオプションです。

 

例えば「1回10分/月額850円」なら、基本プランに月額850プラスすれば1回の通話時間が10分までは何度かけても通話料金がかかりません。もちろん月に1,000回でも2,000回でもOKです。

 

1回の通話時間は長くないけど、頻繁に電話はするという人に向いているオプションといえます。

 

ただし、1回10分を超えたらその分の通話料金はかかります。

 

「1ヶ月の通話時間制限付き」タイプ

このタイプは、月間で設定された時間内であれば、通話料金は一切かからないというオプションです。

 

例えば、「月間60分/月額850円」なら、基本プランに月額850円プラスすれば月間で60分間までは何回かけても通話料金がかかりません。

 

1回の通話時間が30分かかってしまっても、残りの30分間は何度かけても無料ということ。

 

ほとんど電話はしないけど、たまに長く電話をすることがあるという人に向いているオプションといえます。

 

ただし、月間で60分を超えた場合は、次の月になるまではその都度通話料金がかかってしまいます。

 

※上の2つのタイプはどちらも、格安スマホ各社が提供している通話半額アプリを利用すれば、制限時間を超えた通話料金が半額の「10円/30秒」になります。

 

「かけ放題」タイプ

このタイプは、3大キャリアのプランと同じで、国内の通話なら何度かけても、誰とかけても(どこの通信会社にかけても)、いつかけても一切通話料金がかかりません。

 

ただしこのタイプは、今は基本的に『Y!mobile』でのみ扱っているオプションになります。

 

一部の会社ではかけ放題のオプションを設定していますが、信頼性の問題がクリアではないのであまりお勧めはしません。

 

「トップ3かけ放題」タイプ

このタイプは、その月に通話した電話番号(相手)の中から、通話料金が高かった上位3つの番号の料金が無料になるオプションです。

 

「1回の通話時間制限付き」タイプと併用することによって(月額1,300円)、長電話をする相手が3人までなら、短い時間の通話も長い時間の通話もすべてフォローできますね。

 

ただし、今後は設定する会社が増えるかもしれませんが、現在このタイプは『OCNモバイルONE』のみの取扱いになります。

格安スマホ各社の通話無料オプションを整理してみましょう

最後に、格安スマホ各社の通話無料オプションをまとめました。

 

提供会社

1回時間制限

1ヶ月時間制限

かけ放題

トップ3かけ放題

楽天モバイル

楽天モバイル

・10分/850円

ビッグローブ

ビッグローブ

・10分/830円
・3分/600円

・90分/830円
・60分/600円

LINEモバイル

LINEモバイル

・10分/880円 ・LINE電話かけ放題

ワイモバイル

ワイモバイル

・10分通話無料込み ・かけ放題
 /1,000円

IIJ  mio

IIJミオ

・10分/830円
・3分/600円

NTTコミュニケーションズ

OCN モバイルワン

・10分/850円

・トップ3かけ放題
 /850円

・トップ3+10分
 /1,300円

@nifty

ニフモ(@nifty)

・10分/830円

イオンモバイル

イオンモバイル

・10分/850円 ・IP電話かけ放題
 /1,500円

マイネオ

マイネオ

・10分/850円

・60分/1,680円
・30分/840円

nuro mobile

ニューロモバイル

・10分/800円

DMMmobile

DMMモバイル

・10分/850円

UQmobile

UQモバイル

・5分通話無料込み

・S/60分
・M/90分
・L/120分

ヤマダ電機

ヤマダ電機

・10分/800円

U-MOBILE

ユーモバイル

・3分×50回/500円 ・60分/800円

TONE

トーンモバイル

・IP電話かけ放題
 /500円

 

今後は「かけ放題」「トップ3かけ放題」のタイプが増えてくるかもしれませんが、この表を見ても分かるとおり、基本的に格安スマホの通話無料オプションは「1回の通話〇〇分まで無料」「月間に〇〇分まで無料」のどちらかのタイプから選ぶということになります。

 

逆に言うと、長電話をする機会が多いという人は「完全かけ放題」の『Y!mobile』か、「トップ3かけ放題」の『OCNモバイルONE』を選べばいいということですね。

 

以上、【最新版】格安スマホの通話無料オプション情報でした。

 

関連ページ

メールアドレスはどっちにしてもフリーメールがお得!
ここでは格安スマホへの乗り換えを検討するときに覚えておきたいメールとメールアドレスについてのポイントを説明します。
初めて持たせる子供用のスマホとして最適な格安スマホとは?
子供に初めてスマホを購入するタイミングってなかなか難しいですが、いざ持たせることになったらどこのスマホがいいのか?このページでは、料金が安いだけでなく、専用の機能が充実していて子供に安心して持たせることができるオススメの格安スマホを紹介します。
災害時に備えておきたい格安スマホの各サービス&アプリ
このページでは格安スマホユーザーが災害時に備えておきたいサービスやアプリ、注意点などをまとめています。いざという時のために確認してみてください。
iPhoneに格安SIMカードを入れたら「格安iPhone」になるの?
ここではiPhoneは格安スマホとして利用できるかを解説しています。
格安スマホは通話が無制限じゃなくなるから乗り換えない?
とにかく通話をたくさん利用するという人が選ぶべき格安スマホを紹介します。
格安スマホはまだまだ安くなるの?それとも今が買い?
2013年から2015年にかけてどんどん安くなる格安スマホ(格安SIMカード)。今後もまだ安くなっていくのか?そのヒントは?
格安スマホで使うと得をする電話アプリ一覧表
格安スマホの通話料金を安くするための電話アプリを一覧表でまとめました。
『P9 lite』のスペックは格安スマホの新基準!ライバルは・・・
格安スマホの定番モデルとして人気が高かった『P8 lite』の後継機種『P9 lite』が満を持して登場しました。指紋認証機能、5.2インチフルHDディスプレイといったスペックは今後の格安スマホの新基準となりそうです。
LINEモバイルは他社と比較してお得なの?サービス詳細発表会の様子まとめ
本日(9月5日13時)行われた「LINEモバイル」のサービス詳細発表会の様子を簡単にまとめました。果たしてLINEモバイルは今後の格安スマホの主流となるのでしょうか?そのサービス内容はオススメかどうか解説します。