ドコモ新料金プランと格安スマホどっちがお得?

ドコモの新料金プランは本当に安い?格安スマホとどっちがお得?

MENU

ドコモ新料金プラン

 

ドコモがいよいよ6月から利用できる新料金プランの内容を発表しましたね。

 

ポイントとなるのは、端末(スマホ本体)を割引きする『月々サポート』付きのプランが廃止になって、シンプルに携帯電話の利用料だけを支払うタイプのプランになるというところ。

 

新型のiPhoneなどを割引きしてセットで売る(抱き合わせ)プランがなくなって、基本的にはすべて月々の利用料と端末代金が分かれているプランになるわけですね。

 

たしかに月額利用料の中に端末代金が含まれていなければ “月々のスマホ代” は安くなりますが・・

 

当然、新しい端末が欲しくなった場合は、定価のまま端末代金を支払うことになるので、むしろこれまでより高くなるケースもあります。

 

ドコモ旧料金プラン

今まではこのシミュレーションのように『月々サポート』で端末代金が割引き(2,457円×24回=58,968円)になっていたものが廃止になる、つまり新しい端末への買い替えが(これまでより)割高になってしまうということです。

 

auやソフトバンクを見習っただけ!?

 

ドコモの料金が安くなると話題になっていましたが、カンタンに言うとこれ、ライバルがすでに導入している分離プランを取り入れただけだったということ。

 

まぁ、さすがに料金が安くなるケースもありますが、これにはauやソフトバンクもズッコケましたね。

 

ある程度予想はしていたものの、ここまで目新しい提案がないとは思わなかったといったところでしょうか。

 

ドコモの新料金プランはやっぱり格安スマホより高かった!

肝心の格安スマホとの比較でも、やはり依然としてドコモ(au・ソフトバンク)のほうが高いまま。

 

「ギガホ」などの大容量プランを用意するなど、これまでよりお得に見せようとしていますが、携帯電話の利用料自体は劇的に安くなっているわけではないので、当然月々の支払額は格安スマホのほうが安いです。

 

家族4人で利用した場合のスマホ代を比較

 

まずは家族4人でスマホを利用した場合で、ドコモの料金と、格安スマホ(ここでは『イオンモバイル』の40GBプラン)をシェアしたときの料金を比較すると・・

 

ドコモの「みんなドコモ割」

ドコモ新料金プラン金額比較

 

イオンモバイルのシェア音声プラン

イオンモバイル料金プラン金額比較

 

イオンモバイルには50GBのプラン(4人合計=16,800円)もありますが、40GBのプランを家族でシェアすると、1回10分まで無料の通話オプション付きで月々6,000円以上の差がでます。(ドコモは通話5分無料)

 

ドコモの場合はシェアするのではなく、家族それぞれの料金が3人以上の利用で1,000円、2人以上で500円の割引きになるだけなのであまりお得感はありませんね。

 

ちなみに、データ量がもっと少なくてもいい場合は家族4人で10,000万円以下(この例ではBIGLOBEモバイルのシェアSIM)になります。

BIGLOBEモバイルのシェアSIM

BIGLOBEモバイル料金プラン金額比較

 

1人で利用した場合のデータ量ごとのスマホ代を比較

 

次に、1人で利用した場合の料金を、ドコモの「ギガライト」プランと、格安スマホのプランを比較してみました。

 

ドコモの「ギガライト」

1人で利用した場合のギガライトプラン金額

 

格安スマホ各社のプラン

1人で利用した場合の格安スマホ各社のプラン金額

 

格安スマホのプランでは、敢えて別の会社の料金プランを取り上げていますが、どこの会社のどのプランでも、やはりドコモの料金よりも安くなっていますね。

 

ドコモの新料金プランは、これまでよりもシンプルで分かりやすくなっているものの、料金はそれほど安くなっていないと。

 

結論としては「ドコモが新料金プランになっても、格安スマホのほうがやっぱり安い」ということで落ち着きそうです。

ドコモの新料金プランの特徴と新・旧料金プランの比較

最後に、ドコモの新料金プランの特徴や、終了してしまうサービスなどをまとめてみました。

 

参考までに新旧プランの料金の比較もしてあります。(契約は「データ量」+「通話オプション」という組合わせで料金が決まります。)

 

  • 大容量プラン「ギガホ」と変動(従量制)プラン「ギガライト」の組み合わせは、基本的に、auの「フラットプラン」「ピタットプラン」、ソフトバンクの「ウルトラギガモンスタープラス」「ミニモンスター」と同じ。
  •  

  • ギガホは、月額6980円で30GBのデータ通信が利用できるプラン。「ギガライト」は、その月に利用したデータ量ごとに〜1GB/2,980円、〜3GB/3,980円、〜5GB/4,980円、〜7GB/5,980円と料金が変動するプラン。
  •  

  • 家族などで登録ができる「みんなドコモ割」は、2人で500円、3人以上で1,000円がそれぞれの月額利用料から割引される。例えば、2人で登録すると2人合計で月々1,000円、4人で登録すれば4人合計で月々4,000円が割引される。(ただし、割引きが適用されるのはギガホとギガライトのみで、旧プランは適用外)
  •  

  • ギガホは、月間で利用したデータ量が30GBを超えて通信制限がかかっても(ギガがなくなっても)通信速度は1Mbpsのスピードが維持される。(他社の通信制限後のスピードは通常128kbps=0.128Mbps)
  •  

  • 端末の割引きをする「月々サポート」との抱き合わせプランは新規受付を5月31日で終了する。(今後の携帯購入補助サービスは未定)
  •  

  • 契約年数の長さに応じて月々の料金が割引きされる「ずっとドコモ割プラス」は終了。新プランではステージに応じて誕生月に500〜3000のdポイントが貰える「ずっとドコモ特典」に変更される。
  •  

  • 契約期間が2年縛りで、途中解約した場合に9500円の違約金がかかるのはこれまでと同様。
  •  

 

 

 

大容量プラン

 

旧プラン【ウルトラデータパック】

旧大容量プラン料金表

 

※旧プランはこれに「spモード」というインターネット接続料300円がプラスされます。

 

新プラン【ギガホ】

新大容量プラン料金表

 

従量制プラン

 

ベーシックパック

旧従量制プラン料金表

 

※旧プランはこれに「spモード」というインターネット接続料300円がプラスされます。

 

ギガライト

新プ従量制プラン料金表

 

 

 

 

関連ページ

「5G」が始まったらスマホの料金や通信制限はどうなる?どう変わる?
最近話題の「5G(第5世代移動通信システム)」はいつから始まるの?スマホの月額料金はどうなるの?通信制限は?スマホは買替えなきゃいけないの?といった疑問にお答えします。
メールアドレスはどっちにしてもフリーメールがお得!
ここでは格安スマホへの乗り換えを検討するときに覚えておきたいメールとメールアドレスについてのポイントを説明します。
【最新版】格安スマホの通話無料オプション情報
ようやく格安スマホにも通話が無料になるプランやオプションを用意する会社が増えてきました。通話料金が高いというイメージがあった格安スマホもいよいよこれからは「かけ放題」の時代です。このページでは無料通話プラン(オプション)を提供している会社、その内容や料金などの最新情報を紹介します。
初めて持たせる子供用のスマホとして最適な格安スマホとは?
子供に初めてスマホを購入するタイミングってなかなか難しいですが、いざ持たせることになったらどこのスマホがいいのか?このページでは、料金が安いだけでなく、専用の機能が充実していて子供に安心して持たせることができるオススメの格安スマホを紹介します。
格安スマホの端末(スマホ本体)保証を比較!オススメの保険はこれ!
このページでは、主要な格安スマホの申込先で用意している『端末(スマホ本体)の保証オプション』の内容を解説するとともに、オススメの保険なども紹介しています。
災害時に備えておきたい格安スマホの各サービス&アプリ
このページでは格安スマホユーザーが災害時に備えておきたいサービスやアプリ、注意点などをまとめています。いざという時のために確認してみてください。
iPhoneに格安SIMカードを入れたら「格安iPhone」になるの?
ここではiPhoneは格安スマホとして利用できるかを解説しています。
格安スマホは通話が無制限じゃなくなるから乗り換えない?
とにかく通話をたくさん利用するという人が選ぶべき格安スマホを紹介します。
格安スマホはまだまだ安くなるの?それとも今が買い?
2013年から2015年にかけてどんどん安くなる格安スマホ(格安SIMカード)。今後もまだ安くなっていくのか?そのヒントは?
格安スマホで使うと得をする電話アプリ一覧表
格安スマホの通話料金を安くするための電話アプリを一覧表でまとめました。
『P9 lite』のスペックは格安スマホの新基準!ライバルは・・・
格安スマホの定番モデルとして人気が高かった『P8 lite』の後継機種『P9 lite』が満を持して登場しました。指紋認証機能、5.2インチフルHDディスプレイといったスペックは今後の格安スマホの新基準となりそうです。
LINEモバイルは他社と比較してお得なの?サービス詳細発表会の様子まとめ
本日(9月5日13時)行われた「LINEモバイル」のサービス詳細発表会の様子を簡単にまとめました。果たしてLINEモバイルは今後の格安スマホの主流となるのでしょうか?そのサービス内容はオススメかどうか解説します。